calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

Twitter

第7期WISC-IV解釈学習会

0

     

    ☆第7期 WISC-IV解釈学習会 

    〜入門編〜 終了
    【日時】2017年3月12日(日)10時15分〜16時15分 
    【会場】兵庫県県民会館

    〜解釈基礎編1〜 終了
    【日時】2017年4月23日(日)13時半〜16時半
    【会場】神戸市産業振興センター 会議室 


    〜解釈基礎編2〜 定員のため〆切

    【日時】2017年5月28日(日)13時半〜16時半 
    【会場】神戸市産業振興センター 会議室

    【参加費】全3回 19,500 (税込) 
         3月のみ 10,000(税込)
         4月もしくは5月 それぞれ 5,000
         プラス 資料代 2,700(全学習会共通、印刷代として)

    【定員】各回ともに30名程度 


    【〆切】初回〆切3/3(金)、第2回〆切4/14(金)、第3回〆切5/19(金)
        ※ただし定員になり次第〆切とさせていただきます。

    【対象】臨床心理士など心理領域の専門家の方、または研究機関、大学におられる方でWISC-IV知能検査の解釈を必要とされている方や、これから専門家を志しておられる方。 

    【お申し込み】 こちらより必要事項 をご記入の上、メールまたはFAXでお申し込み下さい。受付完了のご返信をご確認後、恐れ入りますが参加費のお振り込みをお願い申し上げます。

    ※その他の欄へ以下、追加記入をお願いします。
    1.WISC−IVの学習度 (初めてor すでに活用中 など)

     

    ねらい 〜WISC-犬粒詰廚鮹里蝓基礎資料の正確な作成力を身につけ、解釈へと進むことをねらいとします〜

     


    ≪各回の学習内容予定≫

    ★入門編★

    ヾ霑短駑舛寮騎里丙鄒を練習する。 
    基礎資料の分析方法と解釈の基礎を学ぶ。


    ★解釈基礎編1.2★
    ‘門編で学んだ基礎資料の正確な作成を練習する。 
    基礎資料の分析方法と解釈の基礎を学ぶ。 

     


    【必須文献】『WISCーIV知能検査法 実施・採点マニュアル』日本文化科学社 10,500 

    【参考文献】『WISC-IV知能検査法 理論・解釈マニュアル』日本文化科学社 5,250

     
     いつも当学習会へご理解・ご協力をいただきまして誠に有り難うございます。当学習会では、WISC-IIIの解釈学習会をシリーズを8期継続して開催し、これを基盤に2011年のWISCーIVへの改定後はWISC-IV解釈学習会を開催させていただき、大変好評をいただいてきました。

     WISC-IV改訂当初は、WISC‐靴睚孫坡萢僂気譴討いことが言われていましたが、実際に実施される検査の流れは、大きくWISC-IVへと移ってきています。WISC-IVの知識や読み取る力なしに子ども臨床や、臨床教育・特別支援教育に実践的に関わることは難しい時代になってきました。そこで皆さんの自己研鑽に役立てていただけますように 、引き続き 7期目の学習を開催させていただきます。ふるってご参加下さいますようお待ち申し上げます。 

      

    〜講師 塩月 源洋先生 ご紹介〜
      P-Fスタディやバウム・テストの日本における紹介者でもあり代表的な研究者である林勝造先生に親しくご指導を受けられ、また講習会の指導助手もされておられた先生です。WISC-IIIの知能検査についてはその発刊にあたって協力者として名前を記されています。また、2011年培風館より出版された、高石浩一・大島剛・川畑隆共著の「心理学実習 応用編」において、K-ABCの章を担当されています。長年にわたって教師として教育・臨床教育・特別支援教育の現場でお仕事をされながら、心理検査にも通暁され、その実践的な活用について研究を続けられてこられた先生です。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック